コドミン 大人

コドミンは大人も飲める?どんな効果があるの?

コドミンは大人も飲める?

 

子供用に作られている物のほとんどが、大人でも使用できるようになっていますよね。

 

化粧品などは特に良い例で、赤ちゃんや子供の肌というのは大人に比べてデリケートなため、大人でも赤ちゃん用の物を使用したりして、刺激を少なめにしている人もいますよね。

 

コドミンは公式サイトを見ると、子供向けに作られているという印象を与えますが、大人でも飲むことができるのでしょうか。大人がコドミンを飲んだ場合も同様の効果を実感することができるのか気になりますよね。コドミンは大人でも摂取することができるのかを調査しました。

 

コドミンは大人も飲めるの?

コドミンは大人でも飲むことができるのでしょうか。コドミンには対象年齢といったものはあるのでしょうか。

 

子供が飲めるサプリというのは、その分身体に優しい成分を使っているのではないか、胃が弱い大人でも飲めるのではないかと思いませんか?医薬品などは対象年齢が決まっていることが多いですが、コドミンは医薬品ではなく健康食品に分類されるため、特に対象年齢は決まっていません。

 

コドミンを飲む対象は、幼稚園入園や小学校入学といったタイミングで摂取する子供が多く、小さい子だと3〜4歳から飲み始めているようです。下限は3〜4歳ですが、上限は特に定められていません。

 

コドミンは大人にとって摂取してはいけない成分が配合されているわけではなく、大人でも効果を実感できる成分配合になっているので、大人が飲んでも問題はありません。

 

コドミンを大人が飲む場合

コドミンを大人が飲む場合は、摂取量を増やした方が良いのでしょうか。コドミンは1日に1〜2粒摂取するのが目安とされています。

 

コドミンには落ち着きなどをサポートしてくれる成分である、ホスファチジルセリンを1粒あたりに100r配合しています。

 

ホスファチジルセリンは1日に100r〜300rが摂取目安量となり、大人でも子供でもこの量は特に変わりがないので、コドミンを飲む量も大人だからといって特に変える必要はありません。

 

そのため大人がコドミンを飲む場合も、1日の摂取量は1〜2粒程度にしておくのが良いでしょう。

 

大人でも薬っぽい味が苦手という方や、錠剤を飲むのが苦手という方もいますよね。

 

コドミンは噛んでも良いですし、舐めても良いので、錠剤を丸飲みにすることが苦手な大人でも安心して摂取することができます。

 

コドミンは親子で飲める!

コドミンは落ち着きのなさ、集中力のなさを改善したいという方にぴったりなサプリです。

 

この症状はADHDにも当てはまる症状でもあるわけですが、親がADHDの場合子供に遺伝することもあると言われています。

 

もちろん必ずしも遺伝するわけではなく、遺伝する確率が高まる可能性があるというレベルです。

 

子供の落ち着きのなさを見ていて、「自分ももしかしたらそうかも…」と大人になってから気付く人もいます。

 

そういった時に親子で同じサプリが摂取できるというのは安心できる部分がありますよね。

 

子供からしてみても、親と同じものを飲んでいるというのは安心材料にもなることでしょう。

 

コドミンは大人も飲める?どんな効果があるの?:まとめ

コドミンは大人が飲んでも問題のないサプリです。

 

子供が飲む場合でも大人が飲む場合でも特に摂取量を変える必要はありませんが、「子供用だから多く飲もう」なんて過剰摂取することのないようにしましょう。

 

コドミンを大人が飲む場合も、効果は変わりません。

 

落ち着きのなさや集中力のなさをどうにか改善したいという方、噛んで飲めるサプリを探していたという大人の方にもおすすめです。

 

コドミンに配合される成分や、効果をもっと知りたいという方はコドミンの公式サイトを見てみてくださいね。

 

>>コドミンの公式サイトはこちら