コドミン 産地

コドミンの産地が気になる!毎日飲むものだから安全に飲みたい!

コドミンの産地はどこ?

 

スーパーに行くと、“どこどこのだれだれが作った野菜”と産地や名前が表記されていることが最近多いですよね。

 

時代の流れかもしれませんが、品質管理をきちんとして産地を明確にすることで、多少割高になっても良いから安心感を得たいという人が増えていますよね。

 

特に国産のものはどんな商品でも割高になっていますよね。

 

それだけ国産ブランドというのは信用、信頼を得ているという証拠でもあります。

 

それは野菜や肉といった食材だけではなく、今やサプリメントにも同様のことが言えます。

 

サプリメントも口から摂取するものなので、品質や産地にこだわるのは当たり前とも言えますよね。

 

最近は国産のサプリメントも増えていますが、コドミンはどうなのでしょうか。

 

コドミンの産地はどこなのか、品質管理状態はどうなのかについて調査していきます。

 

コドミンの産地は?

コドミンの対象は主に子供となります。

 

子供が飲むものには、より気をつかいたいと思うのが親心とも言えます。

 

コドミンは日本健康・栄養食品協会による健康食品GMPの認定をもった国内優良工場での生産にこだわっています。

 

さらには医薬品の製造実績もある工場で製造、品質管理を行っているので安心できますよね。

 

GMPは適正製造規範のことを言い、平成17年に「錠剤、カプセル状等食品の適正な製造に係る基本的考え方について」というガイドラインが厚生労働省より示されました。

 

それに基づき、原料の受け入れにはじまり、最終製品出荷に至るまでの工程を品質と安全の確保に努める必要があるため、GMP認定を受けているものはそこをしっかりとしている証拠になるのです。

 

GMP認定ということがひとつのステータスであり、サプリメントを販売する会社においては、消費者に対して品質の安全性を証明できるものにもなりますね。

 

コドミンを販売している会社も、このGMP認定をされている工場にてコドミンを製造しているので安心できるというわけです。

 

したがって、コドミンの産地は国内であり、製造も国内工場で行われているということになります。

 

産地が明らかになると、より一層安心感が増して気持ち的にも余裕がでてくるのではないでしょうか。

 

コドミンの産地を知ったところで、コドミンに含まれる成分に関してもチェックしておきましょう。

 

コドミンにはどんな成分が入ってる?

安全、安心、厳しい品質管理の元で作られているコドミンは安全性の高い製品であると言えます。

 

しかし使用されている成分に危険なものが含まれていないかというのも大事なところ。

 

コドミンにはどのような成分が含まれているのでしょう。

 

コドミンの原材料表示を見てみると、


ブドウ糖、ホスファチジルセリン(大豆含む)/結晶セルロース、酸味料、ステアリン酸カルシウム、香料、微粒二酸化ケイ素、ビタミンB1、甘味料(アスパルテーム・L‐フェニルアラニン化合物)

となっています。

 

コドミンの原材料にはこれといって危険な成分は含まれてはいませんが、無添加、無着色、無香料にこだわる方には向かないかもしれませんね。

 

人工甘味料や香料も使用されていますし、食品添加物にあたる微粒二酸化ケイ素も含まれています。

 

ただサプリメントの変質を防ぐために使用されているものでもあるので、普通に食事をしていればこういったものは気付かないうちに摂取しているものですが、子供に与えるものにはこだわりたいと考えている方もいますよね。

 

そういった場合は、とことんどんな成分が含まれているのかをチェックするのが良いですね。

 

コドミンの産地が気になる!毎日飲むものだから安全に飲みたい!:まとめ

コドミンの産地は国内であり、GMP認定された国内の工場で生産されています。

 

GMP認定を取得していないメーカーのものは、認定マークがないので産地はどこなのかをチェックするときに、マークを参考にしてみるのも一つの手かと思います。

 

コドミンのことをもっと詳しく知っておきたいという方は、公式サイトをのぞいてみてください。