集中力 高める 色

集中力を高める色ってあるの?どんな色なの?

集中力を高める色

 

あなたは好きな色、嫌いな色などはありますか?

 

色は実に多く存在していますが、気付いたら好きな色ばかりが身の回りに集まってしまっているという人もいることでしょう。

 

色に様々な効果があるというのは聞いたことがあるでしょうか。

 

色で集中力を高めることはできるのでしょうか。

 

もし集中力を高める色があれば、仕事にも勉強のお供としてもその色を身に着けておきたいですよね。

 

集中力を高める色があるならば、もしかしたら集中力を損なう色もあるのかも気になるところですよね。

 

集中力を高める色は?

集中力を高める色はどんな色なのでしょうか。

 

目から入る情報量というのは非常に多く、街を歩いていると疲れてしまうことがありますよね。

 

勉強でも仕事でも同様で、羅列された文字ばかりを見ていると疲れがたまり集中力も切れてしまいますよね。

 

そんなときは、ズバリ“青色”を見るようにしましょう。

 

青色には集中力を高める力があります。

 

また精神的にも肉体的にもリラックスした状態を作ることができます。

 

精神的にも肉体的にも疲れた状態だと集中力はどうしても途切れやすくなってしまいますね。

 

精神を落ち着かせると気持ちも軽くなり、集中力を高めることのできる状態へともっていくことができます。

 

青色が混じっている青緑、水色といった寒色系の色が非常に有効的なので、身に着けてみると良いですね。

 

仕事や勉強のお供にペンの色を青色にしてみる、パソコンの壁紙を青色が使われているものに変えてみるなどちょっとした工夫で集中力を高めることができます。

 

また青色がダントツの集中力を高める色となりますが、他にも黄色や紫色にも集中力を高める効果があるとされています。

 

ちょっとした小物などに黄色や紫色を取り入れて、より一層集中力を高めたいものですね。

 

色から得る情報

普段何気なく目にしているもの。

 

毎日見るスマホやPCなどからも多くの色が飛び込んできますね。

 

色というのはいつの間にか脳に刷り込まれていることが多く、例えば信号の赤、青、黄色というのはその色を見ただけで危険であることが瞬時に判断できるようになっていますよね。

 

小さい頃に教わった色の区別というのは、心理的にいつの間にか刷り込まれているのです。

 

私たちの神経に大きな影響を与える色というのもあります。

 

信号にも使われている赤色は、交感神経系に刺激をあたえて、血圧を上昇させることがあります。

 

注意力喚起、警戒心といった意味合いで、赤色を見ると血圧が上昇し、脈が早くなるなどの効果もあります。

 

消防車の色も赤色ですし、パトカーの上についているサイレンも赤色ですよね。

 

赤色は交感神経に刺激を与えるので、体温上昇などといった変化が起きます。

 

そのため赤色を見ていると落ち着かなくなり、集中力もあまり高まらないということが起きるのです。

 

紫色は集中力を高める色としても入っていましたが、紫色というのは交感神経の赤色、副交感神経の青色を混ぜた色味です。

 

そのためこの2つの神経バランスが乱れている人程、この色を好むとも言われています。

 

体調不良の人やストレスがたまっている人がこの色をチョイスする傾向が多いということです。

 

紫色には癒しの効果もあるので、そういった意味でも疲れがたまっているときに紫色選ぶことがあるのかもしれませんね。

 

青や緑色はリラックスさせる効果があるので、トイレや寝室などにこういった色味を取り入れるのも良いでしょう。

 

緑色や水色は精神を落ち着かせて集中力を高める効果があるので、観葉植物を部屋や職場に置くというのも良いでしょう。

 

集中力を高める色ってあるの?どんな色なの?:まとめ

色によって私たちの気持ちの面が左右されることがあるということがわかりました。

 

集中力を高めることができる色は“青色”です。

 

水色の文房具などを取り入れて、目から入る色彩情報によって気持ちの変化を感じてみましょう。