集中力 高める 音楽

音楽で集中力を高めることはできる?どんな曲を聴けば良い?

集中力を高める音楽

 

みなさんは音楽を聴くことが好きですか?

 

イヤホンの性能がどんどんよくなっていることや、ネットで配信される楽曲が増えたことによって今までCDなどを買わなかった人も音楽を聴く機会が増えているのではないでしょうか。

 

自分が歌うことは苦手だけれど、曲を聴くのは好きという方も多いですよね。

 

みなさんはどんな時に音楽を聴くのでしょうか。

 

移動中に聴くという方もいれば、運動中に聴いたり勉強中に聴くという方もいるでしょう。

 

勉強をしている時は集中力を高める必要がありますよね。

 

集中力を高めることのできる音楽はどのようなものなのでしょうか。

 

どのような音楽ジャンルが一番集中力を高めるのかも気になりますよね。

 

音楽を聴きながら集中力を高めることはできる?

私は勉強をしたり自宅で仕事をしているときに音楽を聴きながら行うことが多いのですが、歌詞が入っている曲を聴くと、歌詞に集中してしまったり、つい口ずさんでしまうことがあります。

 

集中しなければいけないのに音楽の方に気をとられてしまうので、日本語の歌詞の曲はなるべく仕事中は控えるようにしています。

 

同じような経験のある方もいるのではないでしょうか。

 

音楽は脳に大きな影響を与えるとされ、リラックス効果や認知能力効果が高まるとも言われています。

 

専門家によると“音楽は学習活動のためのある種サウンドトラックとしての効果が得られる、音楽による集中力増加により語彙や本などにさらに没頭することもできる”と話しています。

 

つまりは、勉強中にBGMとして音楽を流すことで集中力を高めることができるというわけです。

 

確かに、YouTubeなどを見てみると“作業用BGM”という投稿が多くあります。

 

作業用BGMは作業する内容によって、合う音楽が異なります。

 

気分を高めることを目的とするのであれば、明るくポップな曲の方が作業が高まり、リラックスしたいモードのときは雨の音や海の音など安らげる曲を聴くのが良いですよね。

 

音楽は勉強や仕事の邪魔になると考える方もいるかもしれませんが、そんなことはなく聴く曲によっては集中力を高める大きな要素となります。

 

集中力を高める音楽とは?

では集中力を高める音楽はどんなジャンルなのでしょう。

 

集中力を高めるにはクラシックやヒーリングミュージックが効果的であるとされています。

 

α波というのを耳にしたことがある方も多いと思いますが、集中力を高めたい時や睡眠にも有効なα波は脳波の一種です。

 

α波が出ている時というのは右脳が働き、この右脳が記憶力や集中力をあげてくれるというわけです。

 

α波を出しやすい音楽というのがヒーリングミュージックとも言われ、いわゆる自然の音楽、波の音、風の音、鳥のさえずりなどにあたります。

 

これらの音楽はあまり大きな変化がないとも言えますが、歌詞が入った音楽や曲調がコロコロ変わるようなものは興奮状態になるのでα波が出にくいと言われているのです。

 

例えばJ-popであってもそのままの曲を聴くのではなく、ピアノで演奏されるものを聴くと音楽に気を取られず心地よく作業ができたりもします。

 

ジブリの音楽やディズニーのサウンドトラックなどを聴くというのも良いかと思います。

 

人によって好きな音楽のジャンルというのは異なると思いますが、作業に合わせて音楽のジャンルを変えてみるというのも一つの手となります。

 

音楽で集中力を高めることはできる?どんな曲を聴けば良い?:まとめ

音楽で集中力を高めることは可能です。

 

気が散ってしまうような音楽や、踊りだしたくなってしまう音楽は、音楽そのものに集中してしまうので、避けるのが無難でしょう。

 

曲を選ぶにあたって大事なのは、α波を出しやすい音楽かどうかということです。

 

リラックスした状態で集中力を高めることで、作業が捗ることでしょう。