集中力 高める サプリ

集中力を高めるサプリに含まれる成分は?どんな種類があるの?

集中力を高めるサプリ

 

ドラッグストアやネットでは多くのサプリが販売されていますよね。

 

ネットでは海外輸入品なども人気があり、国内では手に入らないものが買えたりもします。

 

日本に比べると海外の方がサプリ文化が進んでいることも影響しているのでしょう。

 

サプリは食事でなかなか補えない栄養素を補うために摂取することを目的としていることもあれば、病気の予防や改善に向けて摂取することもあります。

 

マルチビタミンなどのように一辺に多くの成分が摂取できるサプリもあれば、集中力に特化したやる気を高めるサプリなども販売されています。

 

集中力を高めるサプリにはどんな成分が入っているのでしょうか。

 

また集中力を高めるサプリにはどんな種類のものがあるのか気になりますよね。

 

集中力を高めるサプリにはどんな成分が入っている?

ではまず集中力を高めるサプリには、どのような成分が有効なのかを見てみましょう。

 

ホスファチジルセリン

ホスファチジルセリンは脳の栄養素とも言われ、人の体を形成する全細胞の細胞膜を構成している成分です。

 

ホスファチジルセリンが脳内にあればあるほど脳細胞の新陳代謝が活性化して、神経伝達物質が多量に作られます。

 

ホスファチジルセリンは肉や大豆といった食材にも含まれているので、食事から摂取することもできるのですが、その量はわずかなためサプリで摂取するのが効率的なわけです。

 

DHA

DHAは人の体では合成することができないので、食材やサプリから摂取する必要があります。

 

DHAは脳内に多く存在しますが、減少してしまうと脳の機能が低下し集中力の低下にも繋がるのです。

 

DHAは青魚に多く含まれ、イワシやアジ、マグロなどから摂取することができます。

 

しかし魚が苦手という人もいるでしょうし、量をそんなに食べられないという人もいるでしょう。

 

DHAが含まれるサプリは多く販売されているので、1日1g以上を目安として摂取すると良いでしょう。

 

テアニン

テアニンは緑茶に多く含まれているうま味成分=アミノ酸です。

 

テアニンには集中力を高める効果だけではなく、ストレスの緩和、睡眠の質を改善するといった効果があります。

 

テアニンにはリラックス効果があるのですが、これが作用し集中力を高めることができるのです。

 

身体がストレスを感じていると、やる気がなくなり眠くなるといった集中力低下に繋がってしまいます。

 

そこで身体をリラックスした状態にもっていくと、ストレスを解消し集中力を高めることができるというわけです。

 

テアニンは主にお茶から摂取することができますが、もちろんサプリで摂取することもできます。

 

集中力を高めるサプリの種類

集中力を高める成分がわかったところで、どのような種類のサプリがあるのかを見てみましょう。

 

Now Foods ホスファチジルセリン

こちらのサプリは海外輸入品となるのですが、とても人気のあるサプリです。

 

輸入品となると価格が高いイメージがあると思いますが、日本製のものとほとんど変わりはなく、それでいて効果を実感している人が多くいます。

 

主に集中力、記憶力の向上、仕事にも勉強にも効果があるため、使用者の年齢が非常に幅広いのが特徴です。

 

サントリー DHA&EPA

DHAは酸化しやすく、酸化してしまうと本来の力を発揮することができません。

 

サントリーのDHA&EPAは、酸化から守るセサミンとビタミンE、オリザプラスを配合しているので酸化を防止することができるのです。

 

さらにはDHAサプリメント市場、12年連続売り上げ1の実績を誇っています。

 

DHAは青魚から摂取することができますが、刺身で摂取するのが一番良く、魚を揚げ物にした場合は50%減少、焼き魚にした場合は20%減少と調理の仕方で減少してしまいます。

 

刺身で摂取するのが望ましいですが、苦手な方はこうしたサプリに頼るのが良いでしょう。

 

リラックスの素 DHC

リラックスの素には、緑茶12杯分のテアニンが含まれています。

 

テアニンの他にもサポート成分として、大豆レシチンやビタミンEも入っています。

 

リラックスの素は1日2粒テアニンが120r配合され、ストレスを感じている方の強い味方となってくれそうです。

 

リラックスして気分が落ち着くと、集中力も増すものです。

 

集中力を高めるサプリに含まれる成分は?どんな種類があるの?:まとめ

集中力を高めるサプリに含まれる成分や、サプリの種類を調査してきました。

 

集中力を高める成分というのは、食品からも摂れるものが多いのですが、サプリで摂取するのが効率的と言えます。

 

直接口から摂るのは苦手な食材であっても、サプリで摂れば気にならないという人も多いはず。

 

集中力を高めたいときにサプリを有効活用しましょう。